Git/GitHub入門
~基礎から学習するバージョン管理~

チーム開発はよりスムーズに、
より強力に

昨今定番となりつつあるバージョン管理システムである「Git」と
オンラインサービスの「GitHub」を体験しながら効率的に学習していきます。

エンジニアには個人のプログラミングスキル以外に、チームとして共同で作業をしてソフトウェアを作り上げていくスキルが必要です。

「Git」というバージョン管理システムを利用することで、各担当者が作業をした内容に対し、「変更履歴を記録」、「お互いの変更内容をレビュー」、「いつでも特定のバージョンに戻せる」などができるよになります。

これによりチーム開発はよりスムーズに、より強力になります。

本コースでは、昨今定番となりつつあるバージョン管理システムである「Git」とオンラインサービスの「GitHub」を体験しながら効率的に学習していきます。

特に業務に必要となるスキルに絞り、即効性のある内容を集約しました。すぐに実務で使えるようハンズオンを中心に学びます。

対象・前提
Target / Prerequisite

こんな方におすすめです

  • ソフトウェア開発などでチームの協業が必要になるエンジニアの方
  • WEB制作にバージョン管理を取り入れたい方

前提知識

  • PCの基本操作ができることが望ましいです。
  • 初心者用なのでどなたでもご受講いただけます。

解決できる課題
Problem

このような企業課題を解決します

  • 他の人の変更内容を上書きしてしまうなどの問題を解消できます。
  • コードレビューをスムーズにし、リリースのサイクルを短くできます。
  • オフラインでもバージョン管理でき、コスト観点からも優秀です。

学習効果
Effect

  • 「Git/GitHub」が何か仕組みとともに理解できる
  • コミットやチェックアウトなど、「Git」の基本動作ができる
  • ブランチ作成やマージ・プッシュなど、「GitHub」の基本動作ができる
  • コンフリクトに対処できる
  • 「ファイルを過去の状態に戻す」など、実務でよく使う実用的な機能が使えるようになる

カリキュラム
Curriculum

第1章
「Git」とは
「Git」と「GitHub」の全体像を学ぶ

  • 「Git」とは何か、「Git」でできること
  • 「Git」の仕組み
  • 「GitHub」の仕組み

第2章
「Git」を使ってみよう
「Git」の環境構築と基本操作を学ぶ

GUIを利用してバージョン管理を感覚的に体験後、コマンドを学習をします。

  • 「Git」をインストール
  • リポジトリを作ろう
  • コミットしてみよう
  • チェックアウトしてみよう

第3章
「GitHub」を使ってみよう
「GitHub」の環境構築と基本操作を学ぶ

オンラインサービス「GitHub」を学習します。
「GitHub」専用の知識ではなく、類似サービス(「GitLab」など)でも応用可能な、定番スキルを定着させます。

  • GitHubアカウントを作ろう
  • リポジトリをコピーしてこよう
  • ブランチを作ろう
  • ブランチをマージ(統合)してみよう
  • プッシュしよう
  • プルしよう
  • コンフリクト(衝突)が起きたら
  • プルリクエストからマージまで
  • バージョン管理外のファイルを無視する方法

第4章
「Git」の実用編 ~よくある利用シーン~
「Git」使用時によく起こる問題の解決方法を学ぶ

  • 過去のコミットを打ち消したい(リバート)
  • 履歴を一直線にしたい(リベース)
  • コミットを1つにまとめたい(スカッシュ)
  • プルは実際に何をやっているのか?
  • リモートリポジトリから最新の状態を取得したい(フェッチ)
  • 不要になったリモートブランチを削除したい
  • 直前のコミットメッセージを修正する
  • 未コミットのファイルを一時退避する(スタッシュ)
  • 別ブランチから特定のコミットのみを取り込みたい(チェリーピック)
  • コミットに目印をつける(タグ)
  • 間違えてHEADに直接コミットしてしまったら

第5章
「GitHub Pages」を使ってみよう

  • Webページを公開してみよう

第6章
まとめ

学習の進め方
How to learning

複数の学習方法をブレンドしたコンテンツ

学習の最大効率を実現させるために複数の学習法を取り入れ、その都度最適な方法でインプットとアウトプットを繰り返します。

高品質の動画、ハンズオンで体験的に習得するコンテンツ、より詳細な情報のドキュメント、ミニテストに添削課題、さまざまな活動で行動変容につなげます。

疑問を残さない受講システム

質問フォームから気軽に質問でき、分からずに終わることのない受講システムになっています。

頻度の高い重要な質問は、ドキュメント化され教材として追加されます。

法人様からの申し込み
for business

法人からの申し込みには教育担当者様のチェック機能も充実

受講者の開始や終了をメール連絡する機能、
進捗やテスト結果、添削の合否を視覚的に確認するダッシュボードを用意しました。

社員研修を負担なく管理することができます。

無料体験・資料請求は
こちらから

無料体験
資料請求